2021.2.14超快晴!積雪260㎝

投稿者: | 2月 24, 2021
安比高原遠景

お気に入りの場所から撮影、雪原は前森山へ続く。安比高原開発の優位な条件はこの緩やかな登りから前森山へ続く道。駐車場まで急こう配なく、誘導することができた。●昭和45年/林野庁・森林レクレーション整備構想から始まった「北八幡平総合開発」、来年がスキー場開業40周年となる。

ハヤブサコース第3リフト区間

前日の転倒で上半身に打撲感あり。今日は急斜面にはいけないと決めて、中斜面でスピードを抑えた小回りを練習。2日連続で極楽な天気。

ハヤブサコース第3リフト区間中間

ほー、斜度感がよく撮れました。撮影も面白いものだ。雪面は緩みは始め、昨日よりは引っ掛かりが少なく、利用者も少ないので荒れもなくいい具合。このハヤブサコースは全体が片斜面なのがイマイチ好きになれない。

オオタカコブレーン

見学だけのコブエリア。手前は深い、縦長、硬いの三難状態。2つのレーンができてますが、いつもなら3.5レーン程現れる。利用者が少ないとコブの育ちが悪いです。

縦じま内にターンを収める

ピステン幅で小回り練習をよくします、その滑走跡を撮影して喜ぶ(密かな自己満足)いい日です。

・・プライズ検定(SAJテク・クラウン)2/13は事前講習開催日、ゼッケン着用のグループが全員速い、上手い。(1級受験者か?みんな合格じゃ、と見学してるとプライズ講習日、あー1級超えの皆さんか!さすが)

・・雑談 若手パトロール隊のエピソード

その1・・不整地(ザイラー第2A)抜群の滑りを披露したS君。おっとり性格の彼が整地総合滑走でゴールしたのち、「雪面にストックをたたきつる」、うわぁ上手くいかずに悔しいのか!—後日彼にその時の悔しさを聞いてみると「「全日本スキー技術戦DVDでゴール後ストックパフォーマンスでアピールしている」」真似したと。

その2・・先輩隊員が若手にアドバイス「パト隊はリュック背負ったり、竹竿・スコップ担いだりで背中が立っている、検定は背中を寝せないと見栄えが映えない」さらに緊急事態でないと本気滑りをしないから、検定は自分を追い込むことが必要だぞ。

2011/3/16 釜石へ

東日本大震災(2011/3/11)を思い出す揺れでした。当時、安比高原から水を分けてもらい釜石の営業所まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。