2021.1.27安比川流域うるし旅

投稿者: | 2月 24, 2021
日本遺産

安比川流域に受け継がれるで伝統技術「うるし勉強の旅」参加。安比高原自然学校企画のモニターツアー。開催日2021/1/27

マップ

昭和31年(約60年前)、職人が安比川沿い漆器造りを営んでいたこと。地区名に”畑”が含まれる地名は、木地師(木片から椀形に造形する職人)が住んでいたところ。「へぇ」と地図をみながらなるほどー学習。

八幡平市博物館

ここは八幡平市博物館、漆器のあれこれが展示されています、当時の工具、ロクロや古文書。

斎藤家で昼食

その隣りは安比漆器工房。ここで漆で絵付け体験、10分ほど移動して部落に1棟しか残されていない漆を乾燥させる小屋「塗室」見学。その後囲炉裏を囲んだ昼食をいただきました。(築100年超えの古民家)

浄法寺天台寺本堂

午後には、浄法寺漆を中心にコースを回ります。まずは天台寺、この時期の参拝はかなりきつい。急階段に硬い雪が被さって。。天台寺は 屋根葺き替え工事が終了したのですが雪に隠れてその美しさは確認できず。

おまけ

当日の安比高原。雲海から太陽が覗いてきました。

〇〇の実

雪景色になにかの実。奥にレモンイエローのホテルを入れて撮影。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。