2020.11.3カラマツ落葉

投稿者: | 11月 4, 2020
市道安比線

国道282号線から、安比高原駐車場までは緩やかな上り坂。ここを開拓するときにこの勾配が緩いことは重要なアドバンテージとなりました。昭和のスキー場は①駐車場まで急坂はあたりまえ、②斜面も急斜面こそ”大事””緩斜面はつまらない”、そして斜面は寒さを和らげるために③南に設計。
安比高原の場合①急坂はなき恵まれた立地②山頂急斜面から裾広がりで緩斜面を設計③雪質が命!日照時間が短い北側を開発

駐車場

初期設計は、駐車場・センターハウスを現在の第2ペアリフト付近。後に現在のしらかばゲレンデ+駐車場を含めたレイアウトに変更を行う。国有林を借用した開発である、初期設計変更は旧〇林署から猛烈なダメだし。「計画通りに開発する以外に選択なし」が指導である。

カラマツロード

嬉しいのです、このカラマツの落葉。もっともっと落ちてきます。これこそ雪の前ぶれ!本格的な冬はカラマツの落葉と北西の冷たすぎる強風からはじまるです。

タイヤ交換を行った>安比高原駐車場内「出光スタンド 小山田商店」
スキーチューンナップを頼んだ。地元「チューンナップさいとう」https://tune-up-saito.com/
雪が恋しい、今月の休日はすべて「安比詣」降雪祈願
あるスキーインストラクターはシーズン前に「何回もスキーブーツを夜な夜な履きなおしている」楽しみでしょうがないようである。彼は全日本技術戦に参戦した達人。・・・そんなに上手てもシーズンインはワクワクするものなのか!見習いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。