2020.9.19夏終、秋始。冬を待。

投稿者: | 9月 25, 2020

アイキャッチは、奥のまきばから西森山裏手を撮影。一面のススキ。(私はスズキ)

セントラルクワッド、整備中

安比高原の駅舎は前扉が開閉する。(ロープ部は開放のままである)

この扉、営業終了後に閉めることで風雪で駅舎内・機械装置への吹き溜まりを防ぐことができる。※扉がないと凄まじい雪の壁が駅舎内にできて営業時間が遅れてしまうこともしばしば。

第2リフト路線

今季増設される「人工降雪機」工事のため、綺麗に刈り払いが行われていたリフト路線。降雪機の動力は電力、ケーブル埋設を行う必要がある。従来のヂィゼルエンジンと比べるとかなり造雪能力が高まる!

ゲレンデ側には土台

中央コンクリートの箱は、降雪機土台であろう。オオタカ第2リフト区間からセントラルクワッド降り場を撮影。

ホテル増築現場

工事のおっちゃん聞いてみた「冬も工事するの?」

おっちゃん「ここまできたらやめられねぇ。どうぉなることだがぁ」

ホテル裏山の(初)あけび
ホテル裏山の(初)とちのみ

ホテル裏山を1時間ほど散策。汗ばむ陽気だが森の中で風が吹いてくると快楽。

気が付けば、トリカブト群生があるんです。クルミの群生は知っていたけども。

奥が深いぞ「安比高原」の自然。

野生のりんご(多分)

サクランボ大の赤い実は「リンゴ」。葉っぱの形はリンゴ、味は青リンゴだけどかなり渋い。。(かじるだけ)奥のまきば、いまからは草黄葉の時期となります。未舗装路で少し不便な場所、そこが~よいです。

夏みたいな太陽とススキ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。