梅雨時期の濃霧。安比高原

投稿者: | 7月 5, 2020

撮影/2020.7.5 場所安比高原 中のまきば 表示杭


中のまきば 上流が源水の「アスナ沢」。安比川の支流でありやがて馬淵川へ合流する。
ブナの森をなぞって流れ、清々しい渓流とは言い難い。いつも薄暗い沢。秋は黄葉期待で再度撮影します


ヤナギランの鮮やかな色、(この天気でも訪れた甲斐がありました)


傘さしてハイク、歩くと判る森の中は「雨粒」が大きいこと。
葉っぱについた雫があつまって「ボタボタ」と落ちる、かなり雨音は大きい。


ハイク中、時折立ち止まります。耳を澄ます、獣の匂いを感じないか、木立の上も観察する。
・・耳はガサガサ音はないか!
・・獣の匂いは、近くにいると匂います!
・・木立ちの上、両手で輪っかを作った太さくらいのブナの木に熊が昇っているかも!


ホテル安比グランドフロント脇には、ハロウインターナショナルスクールのマスコットが展示。