花火とヤナギランは咲き始め、ハロウ建設現場。

投稿者: | 6月 28, 2020

ヤナギラン 撮影2020/6/27 安比高原中のまきば 放牧柵の外れ付近


牧歌的風景、竜が森トンネル(竜が森と名称がのこる数少ない場所)抜けた高台から。

ゲレンデ側ではなく駐車場より撮影、、高さがある打ち上げ花火はサマになるけども。噴出花火系は建物に隠れて撮影できず。
やはりゲレンデ側からの撮影だなと学習した。


日当たりのよい場所にヤナギランがボチボチと咲き始め、意外と野バラの枝が隠れてますので接近要注意。


アザミの花は紫色、ヤナギランと同じころに咲き始めました(もっと夏のイメージがあった)
宮沢賢治さんの童話にも登場してますね。春と修羅 「朝日が青く」


ヌマハリイの草?茎?、の密集。青くて細いトンボも観察できます。


安比高原駅前に建設中「ハロウインターナショナルスクールAPPI」現地の工事風景。
ここで掘削された土が安比高原スキー場駐車場へ仮置きされてます、合わせて駐車場凸凹補修がされていると助かるな。

・・独り言・・
昭和45年(1970年)に 林野庁・森林レクレーション整備構想策定から歩みが始まった「総合開発」。
プロジェクト名は(仮称)前森山総合開発 だったかしら?