カテゴリー別アーカイブ: 09月

2018-19シーズン始動!!安比の大会予定

あと1ケ月後、岩手山から初冠雪便りが届くことでしょう。

今回の安比高原情報はスキー大会スケジュール(予定)です。

平成31年
1/11(金)-14(月)*岩手県スキー中高大会
1/18(金)-20(日)*岩手県民スキー大会
1/27(日)*小学生の大会(しらかばゲレンデ)

2/3(日)*前森山大滑降

3/1(金)-3(日)*FISジュニア SL大会
3/17(日)*小学生の大会(しらかばゲレンデ)
3/21(祝)*〇〇ディカオープン/基礎?
3/22(金)-24(日)*ジュニアユース
3/25(月)-26(火)*全国小学校スキー
3/30(土)*安比カップ
3/31(日)*安比レディース&マスターズ

上記が現在把握している、スケジュールです。
・・決意・・
今シーズンは積極的に大会コース係りに参加する。
ガリガリと削られたカッコーコースを、高速ボーゲンで整備。
1日15本程の滑り込みは必ずや技術向上に役立つはず。



====================================
ワックスを塗りはじめた。
オガサカ板は初すべり用の古板、ロシは先日購入した新品!センター88ミリのパウダー板。
※安比の非圧雪エリアを楽しむために(道具に頼って)購入※

ウエアが届く、やはり安比には青色が似合う と思う。

・・雑談・・
ロシ板は、イナリスポーツで購入、岩手県北の奥中山駅前にあります。「岩手県スキー業界のビックリドンキー的な価格」
ワックス職人風だんなさん「そーいえば鹿角市の全中スキー大会優勝者(大阪桐蔭の)根尾君のコーチがネットみてワックス買いにきたことがあったのさ、うちは数年前のワックスも冷蔵庫に保管してるからね~。」「サインもらえばなぁ」と。
根尾君=ねお=ネオ・・・映画マトリックスのネオをイメージしてしまう。

2019シーズン”3つの(重大な)驚き”

安比高原スキー場 2019シーズン券情報が解禁されました。
その案内で驚いた3つのこと
1.ザイラーゴンドラ終日運休
・・つぶやき・・
遂にきたか 運休によりクローズゲレンデはザイラーゲレンデ下部なのでさほど支障は感じない。
設備コンディションの悪化、制御機器の老朽化などを考えれば已む無し。
ザイラーゴンドラ様 お疲れ様でした。
近い日に安比ゴンドラに黄色が移植されるかもしれませんね。

2.カッコー・キツツキコースのスノーボード解禁
・・つぶやき・・
おー、これは予想だにしませんでした。社内でも賛成しない方は多い?
大胆なチェンジ!!!!
現実的に、コースから第6リフト乗り場までの導線がボードには不便でしょう。

3.西森山ツリーランエリア「西森アタック」開放
・・つぶやき・・
最高でグレートなゾーンが開放になりますねぇ。。ディープなフカフカ雪が堪能できるはず。
枯沢が存在するのでそこあたりで遭難事故がおきなければよいのですが。
ここを開放するあたりも大胆なチェンジを感じます。

4.(おまけ)今年は12/1から通常料金だと思いますよ。(初すべり料金廃止)
根拠は前売券の利用期間開始が12/1~です。 

>>10/4間違いでした<<

5.(おまけ)9/3追記
ナイターリフトが、セントラルクワッド1本となるようですね。
根拠はマップ照明印がそこだけ記入されてます。

「「運営体制の決定が大胆だ」」従来とは異なったところ(人)で決まったいるのでしょうか?

シーズン券案内はこちら▼
https://www.appi.co.jp/appi2018-2019winter-info

▼ツリーランエリア大幅開放のマップはこちらのPDFで確認を「ワクワクしますよ」
2018-2019-ski-map


・・・やばいぞ、ファット板を購入しなくては・・・・

独り言
・・チャレンジしてる。。安比高原
近い未来に 全エリア(リフト線以外)開放か!!

2017-18シーズン準備始動!

まもなく、初冠雪便りも届く頃。。岩手山は10/10前後なのです。

気になるショップはこちら。
▼いなりスポーツさん

スキーフロアーは2階、新旧アイテムがランダムに陳列。この時期に実品を手に取れるのはありがたい。


▼あたらしいウェアは1Fにあります、多分奥に陳列されてる商品はデッドストックか?大幅値引きが期待できる??

注文していた板へ金具の取り付けはこちらのハウスで行います。(ハウスというよりは小屋)

鉄道に興味があるわけでもないようです、いただいたから飾っているらしい。

▼早速、ワックスを塗ってまず下地を造ります。ロシニョール・・黒ベース赤文字がなんとも男らしい!

あとは、体力づくりをせいなければ、、、来週からは山行ですね。

「日本女子プロゴルフ選手権」観戦の日

2017.09.09 決勝ランド初日を観戦。

▼秋を少し感じる空の色。
正面は安比高原スキー場のザイラーコース・・・あと3ケ月でスキーシーズンイン!!
綺麗なしらかばとフラットなコース、幅が広くないの正確なティーショットを。左はすぐにOBです。

▼ティーマークをこっそりと盗み撮り
ここのホールで、話題のアンシネ選手を至近距離でウォッチ!タイトなグリーンの上下、、カメラマンがついて回る理由が納得。

▼正面奥には、安比グランドタワー。写り以上にラフは厚みのある深さです。
・・かなり伸ばしてから刈りそろえたようでがっしりした葉、抵抗がソールにかかりそうです。

▼おまけ、大会開催していない 竜が森コース9番ホール

当日は、結構歩きました。応援・観戦とハイクも存分にたのしんだ1日でした。

2016.09.18安比高原→八幡平・・樹海

秋を感じる朝夕、この日はうす曇のハイク日和。
行程は赤川林道→茶臼岳コース→恵比寿森-大黒森-屋棟岳-西森山→安比高原スキー場→赤川林道
※マップ 反時計回りの紫ライン
全長15キロ 所要時間 7時間

20160918

全体95%は樹海、ロケーションに期待はできません。

img_0128

img_0129

img_0131

手作り看板がなんとも味わい深い(破損は熊によるもの)
img_0130

img_0132

img_0133

img_0135

おまけ
ブナの木からさがってきた熊をみかけた。中央のブナ、左側が熊。耳が2つ写ってます。
img_0127

ページを公開しました。2016-9-19
2015-16シーズン記 (2015/12/23~2016/3/27記事一覧)
2014-15シーズン記 (2014/12/07~2015/4/29記事一覧)

2016.09.04西森山へ

安比高原「中のまきば→西森山」への登山ルートにチャレンジ!

▼画像左手にみえる牧柵には馬が放牧されています。
そのエリア内の雑草は間違いなくすくない、日本芝が再生されつつあるまきば。
IMG_0123
▼500mほどで ブナ林内の登山道。ところどころに小枝や笹の刈り払い痕あり。
(底のあついブーツをお勧めします)
IMG_0122
▼爽快なはずが、、、気温高くて夏のいやな虫がまとわりついてくる。・・・やぶ蚊の餌食となりました・・・
IMG_0119
▼枯沢には苔むした石。
IMG_0120
▼熊の爪あとも多々あります。
IMG_0121
▼40分ほどで、西森山へつながる「ヤマバトコース」に合流。
ほぼ中間地点でギブアップ(暑さに負けました)青空を撮影して下山。
IMG_0118

おまけ
▼スキーグローブの上に時計をつけるように、バンドを延長してみた。
オリジナルバンドに、パラロープを編みこむ。
IMG_0124

IMG_0126

2015.9.30岩手山初冠雪

秋晴れ、冷え込んだ朝。
岩手山に初雪を観測・・・あと2週間ほどで前森山にも初初冠雪がくることだろう。
▼自宅付近、通勤中撮影。
DSC_0014

DSC_0016

DSC_0017

 

もう いくつ寝ると 初滑り♪♪♪♪

今週末は、スキーのwaxメンテをしましょう。

2015.9.23安比→草の湯

シルバーウィーク最終日、好天。・・・念願の「草の湯」へ。
安比から車で約30分(舗装+未舗装)、その後ハイク40分(推定1.2キロ)。
登山道、随所に湿地ゾーンあり。黒土でヌタヌタバーン、案の定”ずぶずぶ”と足首まで埋没。

▼「八幡平草の湯ルート」上存在する野湯
ネットリサーチでは35度以下のぬるま湯、その通りで入浴する気分になれず。足湯として楽しむ。
IMG_0993
▼湯花が堆積しなんともワイルドな露天だ。
IMG_0995

教訓
温泉は入浴するから、満足・達成感あり!
このルートは、熊・蛇が絶対いるでしょ。。装備をより充実させねば!・・大型の熊鈴を追加すべし・・

2015.9.22安比→茶臼岳登山

秋晴れのハイキング・・・始めての茶臼岳登山ルートに挑戦。
▼ルートはこちら<スマホアプリ 山と高原地図の画面より>
・画面上部 P からスタート 茶臼岳コース茶臼山荘経由山頂まで 片道約5キロ 所要時間往復5時間
IMG_20150922_202302

▼中間地点 西森山・前森山を望む切れ込みあり地点のロケーション。
西森山と奥にはヤマバトコースと前森山
DSC_0002

▼圧巻は 茶臼岳山頂からのパノラマ/左は岩手山 中央にもっこ岳
DSC_0005
右に岩手山(上写真の左景色)前森山が画面中央
DSC_0006

2015.9.12安比温泉へ

先週からのグズグズ天気が回復傾向である。
久々の安比温泉へ挑戦!

▼山道ハイクで約60分(距離推定は2キロ)、無色透明の優しいお湯。
IMG_0949

▼途中はこんな感じ、険しい箇所もあり。
IMG_0940

IMG_0942

IMG_0957

IMG_0960

▼道しるべは数箇所、ピンクリボンも参考に
IMG_0939

IMG_0941

・・画面中ほど、枝にピンクリボン。川渡り地点は対岸を注意深く観察しましょ。
IMG_0945

▼おまけ
安比高原中の牧場にて お馬さん。この記事を参考に=>馬による天然芝復元調査研究PJ
子馬は柵から抜け出した様子、、、関係者に電話で伝えたら「いつものことなので心配なく」とのこと。
なんとも ぬる~い対応にほっこりです。奥にみえるは前森山(カッコーコース)