トミカ博inAPPI

夏休みイベント トミカ博inAPPI 2016/8/6~21 開催
過去開催時の画像を掲載してます。(2009年8月開催)

会場は、安比プラザ屋内特設会場(冬季間は800席のレストランホール)
ブース展開は、①レアミニカー展示・②大型(かなり巨大&階層がすごい)プラレール展示・③工作&ゲームエリア・④物販エリア に分類されます。

①陳列コーナーに多数の歴代ミニカー。今回のテーマは建設機械、ガテン系マシンの展示も多数
APPI20090808-1695APPI20090808-1696

APPI20090808-1713

APPI20090808-1687

APPI20090808-1690

②大型なプラレール!!めまぐるしく動き回ってます
APPI20090808-1692

APPI20090808-1707

APPI20090808-1710

★トミカハイパーレスキュー隊の特別展示もありAPPI20090808-1693



③工作&ゲームエリアAPPI20090808-1703

APPI20090808-1704

APPI20090808-1706

④物販エリア・・イベント限定アイテムもありました。APPI20090808-1719

APPI20090808-1721

★★屋外もお楽しみスペースあり!APPI20090920-1772

【▼▼楽天トラベルでホテル安比グランドを探す▼▼】
トミカ博入場券付き宿泊プラン———————-
期間:8月6日〜20日
毎年人気の「トミカ博 in APPI」入場券や特典の入場記念トミカがついたおトクなプラン
夕食は、バイキング又はBBQ!
●トミカ博 in APPI 入場券付き★宿泊プランアイテム利用券付き

2016-2017厳冬か!

気象庁の平成28年6月~8月の3ヶ月予報では
「2016年の夏は西日本で気温が高くなると予想。」
これまでの傾向から 猛暑であったその年は厳しい寒さになる!と

2010年猛暑の冬を振り返ってみた。
▼▼10月にはドカ雪でも、シーズンインは遅め。
▼10月ここまで降雪。。。
20101027
▼2010/12/16まとまった降雪、、コース整備に全力を注入!
20101216

▼▼順調にコースオープン
▼12/26時点でほぼ全面オープン
couse
▼新雪バンバンと降りまくる。
APPI20101226-3376

▼年末大雪でした
APPI20101231-3433
▼モソモソと降ってます(国道282号線)
APPI20101231-3434

▼年始から絶好調!!日に日にバーンが締まってきます。
APPI20110101-3445 APPI20110102-3449 IMG_4861 APPI20110105-3460

このあとも、いい感じで積雪は増えていきました。
が、、、この年は”強風”でリフト運転支障が多いと記憶しています。。
[総括すると]
==猛暑・早すぎる雪・12月は遅い雪・1月はドンドン積もるが厳しい風・2月も厳しい風==
(2011.3.11東日本大震災により3/12以降はスキー場クローズ)
2016-2017 はどうなるのでしょうか!!

2016.05.29登山道復旧、安比温泉

先週に引き続き、安比温泉までハイク。
・・これからの季節は、虫・ヤブ蚊などで快適な入浴ができないため、次回は10月中旬過ぎに予定

▼斜面崩壊した崖道は、いつも通りに復旧されていた!
IMG_0084

▼雪解けが遅いここには、シラネアオイ群落!満開である。
IMG_0085

▼6/5から開催されます、中のまきば。
<安比高原に今年もお馬がやってくる>
2016ƒŒƒ“ƒQƒcƒcƒWÕ‚èPOP-OL
  

2016.05.22いい湯!安比温泉

真夏の気温、林道すら日差しが当たる箇所は”むわー”と空気がからみつく。

本日 今年1回目の野湯「安比温泉」で入浴。。
行き・・片道約1時間30分 帰り約1時間 走行距離往復で6キロ弱

▼完全に雪解け。車で走行できる赤川林道。僕は今回も林道手前で車をおりてハイクで向かう
DSCF7018
▼登山道には、目印のピンクリボン。とても助かってます。
IMG_0074
▼水芭蕉群生、
IMG_0076

▼雪上の歩行は危険、、ゆっくりと河側を移動。
IMG_0077
▼本日一番の難所、雪を避けてなんとか突破。
IMG_0078
▼湯船はとても綺麗、温度も適温
DSCF7016
▼無色透明なお湯。
IMG_0080
▼独り占め!であるが 気温が高いとやぶ蚊?に襲われます。湯上りにゆったりできないことが難点。
DSCF7015

2016.05.15安比温泉まで到達できず

2015.5.15 初夏(気温20度超え) 安比高原 「野湯安比温泉」を目指す。
安比高原 奥のまきば まで車。その後治山ダムまで赤川林道を20分ほどハイク。

▼雪解けあとに イチリンソウ。踏まないように歩を進める。
IMG_0066
▼静か、、時折小さい虫が絡んできた。
IMG_0058
▼左折すると茶臼岳ルート、わずかな残雪が所々にある。
IMG_0059

▼最大の難所、、、およそ5メートルほど遊歩道が崩れている。グダグダの粘土質でぬかるみ土壌。
IMG_0060
▼ピンクリボンを頼りに前進。
IMG_0062
▼本日はここまで!雪は空洞で崩れやすい。 ここまで約1時間の行程。このさき20分ほどで安比温泉
IMG_0063

▼帰り道での出来事。(赤川林道)、眩しい新緑!IMG_0057
▼ガサガサと脇のブナ森から物音が、、、熊出現!
IMG_0067
▼僕の熊鈴にまったく気がついていません、、走り去っていく姿を見かけますがこんな場面には初めて遭遇。
IMG_0068

2016.05.08 赤川林道の雪解け確認

安比高原 <赤川林道>中のまきば→奥のまきば→その先水道貯水槽 までは車両可。
そこから 治山ダム(徒歩約20分)までは残雪あり。

▼左側、側溝が雪で埋もれてます、車両通行はまだまだ危険。IMG_0049
▼治山ダムは、雪解け水が勢いよく流れる。渡河する場合は長靴で!
IMG_0050

IMG_0051
▼ダムの向こうに安比温泉&茶臼岳ハイクコース。残雪多数のようだ、、、今度の週末はどうだろうか?
IMG_0052

2016.05.03安比高原春の「奥のまきば」あるき

2016.5.3 GWを里山あるきで満喫。
予定ルートは 安比高原 奥のまきば→赤川林道ハイク→治山ダム

▼早春のブナ森 芽吹きまではもう少しの時間が必要。この時期限定の眩しい日差し
通称「白いブナ林」
IMG_0043

▼奥のまきばから 西森山を撮影。 小さい池が点在、カエルの鳴き声多数。
IMG_0045
▼赤川林道は残雪、、
IMG_0046
▼雪が残ってました、今日のものと思われるスノーモビル跡。
IMG_0047

治山ダムでの雪解け水による水勢いを確認したかったのだが、、残雪のため本日は断念。
今週末 日曜に再度挑戦予定。